メディカル・イーティング(ガン克服篇)

苦悩のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版

  



ガンと開う全ての人たちへ



もし、医師や病院に頼らず、自宅で癌を
克服できる可能性があるとしたら、
あなたはチャレンジしてみたいと思いま
せんか?

ガンで悩まないで下さい。

苦しまないで下さい。

手遅れではありません。

自分で癌を治せる可能性があります。

家族、夢、希望を諦めないで下さい。

胃ガン、肺ガン、肝臓ガンをはじめとする
ガン全種、糖尿病、C型・B型肝炎、
エイズなどの感染症、さらに白内障、膠原病、
脳梗塞・動脈硬化といった循環器系疾患まで、
病状別の食事法を続けるだけでほとんどの方
の病状を改善できるのです。

>>>メディカル・イーティング(ガン克服篇)

これを試さずに手遅れとは言わせません!


ガンの部位別に効果的なエビデンスまでを
網羅した改善法。

納得の根拠に基づくガン患者専用の食事療法を
お教えします。

メディカル・イーティングは癌を治癒させる
ことが目的ですが、癌に罹ってしまった原因
を追及し、その確かなエビデンスの食事療法
で改善をおこなっていくのが本来の姿です。

食事療法ですから医師の力は必要としません。

カラダの負担もほとんどありません。

しっかりとした根拠に基づいた食事改善の結果
として、ガンに負けない体作りを目指していく
食事療法です。

そのため、多くの方が医師に頼らず、自宅に
居ながらガンを改善されていっています。


ガン患者が年々増え続けている現実

gan.JPG
20世紀は西洋医学が大いなる進化を遂げてきた
世紀と言われています。

ところが日本はガンで死亡される方が1910年には
32,998人だったのに、2006年には329,314人にも
のぼり、この100年ほどでなんと10倍に
ふくらんでしまいました。

これは単に人口が増加したからという理由
ではありません。

なぜなら、死亡率(人口10万人当たりの
死亡者数)も、1910年の67.1人から2006年の
260.0人に急増!

現代医学がこれほど飛躍的な進歩を遂げている
にもかかわらず・・・です。

私は、ここで西洋医学がガンに無力であると
言いたいのではありません。

手術も適切なタイミングでおこなえば確かに
1つの方法にはなるでしょう。

しかし、悪い部分を切り取れば解決するという
狭い視点からだけの医療には限界があると
言いたいのです。


メディカル・イーティングとは?


メディカル・イーティングは東洋医学の
陰陽五行説を基本とし、さらに食養理論
の世界的権威であられる、米国弁護士協会
からノーベル賞にも推薦された、米国在住
の久司先生との交流を通して磨き上げながら、
分子栄養学を科学的に研究して辿り着いた
難病に効果的な食事療法です。

食養理論ひとつとっても真に理解している
専門家はわずかしかおらず、ましてや
陰陽五行説・分子栄養学まで融合させ、
1つの理論・技術として確立している
専門家はほんの一握りに限られます。

メディカル・イーティングは、単なる予防
レベルではなく、自然治癒能力を高める
食事をとって腫瘍を消していくという
治癒レベルの技術と申し上げられます。

つまり、ガンに効果的なエビデンス、
すなわち確固たる根拠に基づく改善法で
あるということです。

>>>メディカル・イーティング(ガン克服篇)

Copyright (C) 2011 All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。